スポンサーリンク
プチぺをフォローする

レシピ4;ソーダブレッド(レーズン&キャラウェイ)

ソーダブレッド(アイルランド)無発酵パン ギャラリー
焼き上がりのソーダブレッド 1個
焼きたて;ソーダブレッド

今日は、レシピ4としてソーダブレッドの作り方を紹介します(クイックブレッド第二弾)。

クイックブレッドとはイーストを使わない発酵なしのパンのことです。

前回のスコーンとの違いはバター(油脂)を使わないことと、ベーキングソーダを使うことです。

参考:ソーダブレッド(Wikipedia)

ソーダブレッドのレシピ

計量をしている少年
計量は正確に!

《ソーダブレッドのレシピ》(キャラウェイシード&レーズン) 9個

・薄力粉 300g
・ベーキングパウダー(BP) 9g
・ベーキングソーダ(BS) 2g
・砂糖(今回は三温糖) 20g
・食塩 3g

・プレーンヨーグルト(またはサワークリーム) 200g
・全卵 1個(今回は50g)

・レーズン(下処理済み) 60g
・キャラウェイシード 2g

ソーダブレッドの作り方

プチペ
プチペ

スコーン同様に

混ぜて焼くだけ!簡単です(^^♪

《ソーダブレッドの作り方》(キャラウェイシード&レーズン) 9個

①計量…粉類水分トッピングの3種類に分けておく

粉類(薄力粉・BP・BS・食塩・砂糖)を一緒にしてふるいにかける

水分(プレーンヨーグルトまたはサワークリーム・全卵)をあわせ練る

粉類トッピング(レーズン・キャラウェイシード)をまぜる

を投入する

⑥切るようにまぜる

⑦粉が残っている状態になったら、手でたたむようにまとめる

⑧分割70g (分割せずに大きな一つにしてもよい)

⑨天板にならべて、ナイフで十文字に切る(中央を低くする)

⑩オーブン200℃で25~30分焼成

写真でみるソーダブレッドの作り方

ソーダブレッド;全ての材料、コメント入り (小)
今回の全ての材料
ソーダブレッドの粉類と塩砂糖をふるっているところ;コメント入り
粉類+塩・砂糖をあわせて
ふるいにかける
ソーダブレッド粉もの+砂糖塩をふるい完了
一番粗い三温糖を最後まで
しっかりふるった状態
ヨーグルトと全卵を混ぜる
ヨーグルトと全卵を混ぜる
ソーダブレッド;2つのボール
粉類(左)と水分(右)
ソーダブレッドの生地作成中;レーズンとキャラウェイシード投入
レーズンとキャラウェイシードを投入
ソーダブレッド;2つを合わせる
粉類に水分を投入
ソーダブレッド;切るように混ぜる、コメント入り
木ベラで切るように混ぜる
(練らない)
ソーダブレッド;粉が少し残るくらい
粉が少し残るくらいの状態
ソーダブレッド;手でたたむように まとめる、 コメント入り
手でたたむようにまとめる
ソーダブレッド;分割して天板にのせる成型完成、コメント入り
70g分割→天板→十文字
ソーダブレッド;焼成オーブンの中
オーブンの予熱を忘れずに!

ソーダブレッドってなぁに?

焼きたてのソーダブレッド
焼きたてのソーダブレッド

ソーダブレッドは、アイルランドで主流のクイックブレッドです。

薄力粉で作られているので、パンよりもケーキに近い食感です。

アイルランドでは、1840年頃にベーキングソーダ(重曹)が伝来して以降

全粒粉のソーダブレッドなどの、様々な種類のソーダブレッドが好まれてきました。

ローフと呼ばれる球体にして十文字にきるのがポイントです。

アイルランドでは大きな一つで焼かれる(今回の量だと直径15㎝)ことが主流ですが、 

今回は日本風で70gの小物にしました。

プチペ
プチペ

アイルランドの朝食;フル・ブレックファスト

紅茶・ポークソテー・マーマレード・ブラウンブレッド(全粒粉ソーダブレッド)

こちらも行ったつもりで、マネしてみるのもいいですね!

ベーキングソーダってなぁに?

ベーキングソーダ炭酸水素ナトリウム、別名は重曹です。

加熱によって二酸化炭素を発生する性質から、ふわふわサクサクの生地を作ることができます。

同じくクイックパンや洋菓子に使用されるベーキングパウダーとは別物です。

《ベーキングソーダの他の使い方》

・あく抜き…タケノコ、山菜
・臭みとり…松の実
・豆の煮込み時短
・肉をやわらかくする
・酸味中和…グレープフルーツなど柑橘類
・食感改善…エビ
・中華麵づくり…かん水と同じ成分

・洗浄/脱臭…洗剤、歯磨き粉

・入浴剤など

キャラウェイシードとクミンシードはちがうの?

クミンシードとキャラウェイシード
クミンシード(左)とキャラウェイシード(右)

キャラウェイシードクミンシードは別物です。

見た目はそっくりで、両方ともセリ科のスパイスですが、

香りは全く違うので、それぞれを代用することはありません

キャラウェイシード…中央ヨーロッパで使われることが多い
例)ザワークラフト、焼きリンゴなど

クミンシード…中東からインドで使われることが多い
例)カレー、ソーセージ、ミートローフなど

プチペ
プチペ

パンには両方使えますけどね。

クミン&レーズンパン

キャラウェイシードに代用したことがありますが

結果はイマイチでした。

レーズンとの相性はどちらも良いのに…

まとめ

今日は「ソーダブレッドスコーンよりもパンっぽいよ」

「オーブントースターやフライパンでも焼けちゃうよ」というお話でした。

意外と身近な存在のベーキングソーダお掃除以外にもぜひ試してみてください(^^♪

ホーム » レシピ4;ソーダブレッド(レーズン&キャラウェイ)
応援ポチ!お願いします♪

↓人気ブログランキング↓

↓にほんブログ村↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ

ギャラリーレシピ世界のパン
シェアする
プチぺをフォローする
スポンサーリンク
る・ぷちぺぱんの生きてるってスバラシイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました