スポンサーリンク
プチぺをフォローする

ベーグルのはなし

ベーグル:ベーグルをかじる少女 世界のパン
ベーグル:3つのベーグル

ベーグル(Bagles)は「アメリカのパン」と紹介されるけれど、必ず補足されるのが

『かつてユダヤ人が日曜日の朝食に食べていたパン』

ユダヤ系移民によってアメリカに渡った』という内容です。

日本でもそれなりに定着していて「ベーグル=パン」とわかる人が多くて、説明要らずです。

ベーグルの歴史

ベーグル:ケシの実のベーグル
ケシの実のハードベーグル

17世紀(1600年後半)に、ユダヤの人々の間で誕生したとされるベーグルですが、

なぜか、詳しいことはわかっていません。

ただ、『1610年ユダヤ人共同体の文献に登場したのがはじまり』と言われています。

それから、ポーランド発祥地であることは間違いなさそうです。

それを裏どりするかのように、フランスでは、ニューヨーク風が流行する前からポーランド風が扱われていました。

その後、19世紀から20世紀にかけて、ロシア・ポーランドなどの東欧諸国のユダヤ人が続々とニューヨークに移り住むようになりました。

このようにして、ニューヨークの地にベーグルが定着していったのです。

そして1990年代になると、それまでニューヨークに集中していたベーグルショップが、

中西部や南部などの地域にもオープンし始めました。

そのまま全米規模のベーグルブームが巻き起こりました。

日本には、1980年代に上陸していて、ごく一部の人に知られていました。

東京・六本木にあった『フォックス・ベーグル』(1982年7月~)が先駆けの火付け役です。

実は「日本でベーグルを食べたい!」と、ジャーナリストのフォックスさんが起業したんです。

さらに、1992年には『ベーグルK』が輸入を始めました。

それらもあって、1996~97年ころには一大ブームとなりました。

フォックス・ベーグル』やそれを真似た専門店の出店/開店の勢いもすごかったですよね。

残念ながら、『フォックス・ベーグル』は2002年に閉店してしまいました。

プチペ
プチペ

あの憎めないキツネのイラストの包装紙を、

もう見ることができないのはとっても残念です。

参考記事:パン屋さんの包装紙

ベーグル:フォックスベーグル青
フォックスベーグル(包装紙:ビニール手提げ)
ベーグル:フォックスベーグル赤
フォックスベーグル(包装紙:紙袋とレシート)

ベーグルの特徴

ベーグル:発酵生地
ベーグル発酵生地

このパンの最大の特徴は、焼き上げる直前に一度、湯せんにくぐらせることです。

もう1つの特徴は、ドーナツ型という形状。

そして、配合。アメリカや日本で気に入られたのは「ヘルシーなパン」と謳われたからだと思います。

実は、上記のイメージ以外にもいろんなベーグルがあります。

プチペ
プチペ

「生地を茹でる」パンはほかにもありますよ♪

生地を茹でるパン

ベーグル:ドイツのプレッツェル
ドイツのプレッツェル

はじめにサラッとお伝えしておくと、ヨーロッパにはパン生地を茹でた後にオーブンで焼くパンが他にもあります。

例えば、ドイツプレッツェル

ラウゲン液というアルカリ性の液体に通してから焼成します。

プチペ
プチペ

わたしも以前「ラウゲンデリス:塩パン」を作りました。

ベーグル:ラウゲンデリス
ラウゲンデリス(茹でない)
ベーグル:ラウゲンデリス
ラウゲンデリス

参考記事:本日のパン2022.5.14 (ラウゲンデリス、ナン、オレンジブレッド)

参考記事:プレッツェルのはなしベーグプレッツェル:ポーランドのオブヴァジャネック

イスラエル風 ベーグル

ベーグル:イスラエル風
イスラエル風
ベーグル:イスラエル風
棒状のベーグル
ベーグル:三日月型
三日月型
ベーグル:イスラエル風
リング状と棒状

イスラエルエルサレムなどユダヤの人たちが食べているのは、

棒状三日月状、そしてリング状と形が色々なベーグルです。

基本的には、油・バター・卵を使用しない配合で、クラム(身)がギュッとつまっています。

プチペ
プチペ

このエリアでは「バゲル」と呼ばれています。

ポーランド風 ベーグル

ベーグル:ポーランド風
ポーランド風
ベーグル:ポーランド風
ポーランド風
ベーグル:ポーランド風
ポーランド風

ポーランド風ベーグルは、生地を茹でる時間が短いです。

そのため、もっちり感が少なくて通常のパンに近い柔らかさがあります。

そして、スパイラル状にした輪ケシの実ゴマをかけて焼くのが一般的です。

プチペ
プチペ

ナッツ入りもあります。

フランス人がこちらを好むのはわかる気がします。

ニューヨーク風 ベーグル

ベーグル:ニューヨーク風
ニューヨーク風
ベーグル:ニューヨーク風
クリームチーズ&スモークサーモンサンド
ベーグル:ブルーベリーとクリームチーズ
ブルーベリーとクリームチーズサンド
ベーグル:コンベアのベーグル
コンベア生産

ユダヤからニューヨークに渡った時は棒状だったようですが、のちにニューヨークドーナツ状になりました。

配合は小麦粉(粘りが強く出るグルテン多めのもの)・生イースト(少なめ)・食塩・少量のハチミツ…、これがニューヨーク風です。

ベーグル独特コシとモチモチを重視しています。

また、油はいっさい使用しないので脂肪分がゼロであり、

タンパク質であるグルテンが多い小麦は、でんぷん質が少ないことから健康志向の人にうけ、

ダイエットにもおすすめと注目されました。

ポピュラーなケシの実ゴマのほかに、シナモン&レーズンハーブ入りも登場しました。

プチペ
プチペ

アメリカでは、茹でる代わりに

スチームで蒸す方法を取り入れる店も出てきました。

また、最近では大量生産に頼り、

手作りしているお店は少なくなっているらしいです。

日本風 ベーグル

ベーグル:6種類
ベーグル:カラフルなベーグル
(ニンジン・ビーツ・ホウレンソウ)
ベーグル:ベーグルとクリーム
2種のクリーム
ベーグル:ベーグルとコーヒー
コーヒーと一緒に

日本のベーグルの歴史は40年ほどです。

1990年代のブームの時は、もちろんニューヨーク風が主流でした。

「油や卵を使わないヘルシーなパンが、ニューヨークからやってきた!」と夢中になりました。

当時は、モチモチというよりもガシガシした、硬いクラム(身)のものが多かったように思います。

しかし、「パンはやわらかいもの」「パンは甘いもの」「パンは間食(おやつ)」という考えが多い日本では、

フランスパンよりもクラム(身)がつまったパンの人気は、そう長くは続きません。

自然とアレンジが始まります。

やわらかくするために、砂糖や卵やバター(油脂)を加えました。

これが、日本風ソフトベーグルの誕生です。

「生地を茹でること・ドーナツ状にすること」を守って日本風ベーグルは堂々と浸透しました。

餡が入ったものや、揚げたものなどもあります。

今ある専門店『ベーグル&ベーグル』では、期間限定商品を含め、

カラフルでおもしろい組合せのフレーバーが、アメリカンマフィンとともに並んでいます。 

プチペ
プチペ

専門店を中心に、ベーグルと一緒に

ベーグルサンドや、クリーム、ペーストなどの食文化も

日本に渡ってきたのでパンの世界が広がりました♪

まとめ

ベーグル:サンド

今日は「ベーグル好きさんのことをベーグラーと呼ぶよ」

「ポーランド発祥のパンが、アメリカ経由で日本に上陸して日本風に変化したよ」

「ユダヤ人はベーグルを食べるとユダヤ人とバレるため、食べなくなった時代があり、ヨーロッパの伝承が遅れたよ」

「海外の市場のベーグルはひくほど盛られてるよ(゚д゚)!」

「わたしのレシピはしっかり日本風だよ」というおはなしでした。

ベーグル:山盛りのベーグル
ナニコレ(゚д゚)!
ホーム » ベーグルのはなし
応援ポチ!お願いします♪

↓人気ブログランキング↓

↓にほんブログ村↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ

世界のパン
シェアする
プチぺをフォローする
スポンサーリンク
る・ぷちぺぱんの生きてるってスバラシイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました